伊勢の木造住宅

伊勢住宅では南大阪(堺市・高石市・泉大津市・ 和泉市・泉南市)を中心に信頼の住まいづくりをご提供しています。高い強度と耐久性を誇る基礎・土台から、技術の集積が導きだした最新のISE工法による構造まで長年の実績が培った伊勢工法をご紹介いたします。

伊勢住宅が、
「木造住宅」の本質を変える。

今、住宅に求められる真の耐震性とは固さと粘り強さを兼ね備えた性能。
我々、伊勢住宅は、耐震構造に加えて地震エネルギーを吸収する制震システムをプラスした当社オリジナルの木造住宅「ISE工法」を生み出しました。地震による揺れを2分の1以下に抑え、連続する地震でも安定した効果を発揮し、建物の倒壊を防ぎ、そこに住まわれる大切なご家族の生命を守ります。

あなたの大切な家族と財産を守る伊勢住宅オリジナル「木造住宅」

「在来工法」と「2×4工法」の
長所を持つ独自の「耐震構造」

伊勢住宅では、在来工法の柱・梁で支える強さと2×4の面で支える強さの両方の長所を併せ持ち、外力を建物全体で分散して受け止める事で、強度を実現しております。

建物を守る“構造部材”

柱・梁

柱・2階床梁に「構造用集成材」採用。

1.乾燥収縮が少なくクルイが生じにくい
2.ムク材の約1.2〜1.5倍の強さで住まいを支えま

構造用合板

2階床に
「28mm厚」の構造用合板貼り。
外壁面には
全面「9mm厚」の構造用合板貼り。

外力を建物全体で分散させ受け止める。

アンカーボルト

「約900mm間隔」上部の
構造を強く支える

上部木軸と基礎を繋ぐ「アンカーボルト」を一般では、1,800mm間隔ですが、当社では約900mm間隔で入れており、地震の揺れによる上部軸組部分の引き抜きによる倒壊を防ぎます。

柱

木造で重要な部分の柱は
「910mm間隔」で施工

木造住宅で最も重要な部材である柱は、一般の工法では1,820mm間隔で施工される柱を、当社では910mm間隔で柱を入れており、上部の構造を強く支えます。

強い強度と耐震性を誇る
“基礎・土台”。圧縮・引張りに強い
「鉄筋コンクリートベタ基礎」採用。

強い家は地盤から

世界でも有数の地震多発国である日本に住むのだから、「揺れ」に対する備えが万全な家にして、皆様により安全な家をご提供したい。そんな想いで、伊勢住宅では敷地来歴を含め徹底した地盤調査を一邸一邸、丁寧に実施し、地盤の強さを確認しているから安心です。

地震エネルギーを吸収する
“制震システム”地震エネルギーを
吸収することで被害を軽減する
最先端技術。

1. 揺れ最大70%軽減

制震システムが、地震エネルギーを吸収するので家の揺れが最大70%軽減されます。

2. 繰り返しの地震に効果を発揮

耐震構造のみの木造住宅は、構造が直接地震エネルギーを受けるので、繰り返しの地震で構造が損傷し倒壊の危険性が増していきます。
「制震システム」の場合は、地震の揺れを制震システムが吸収する事で、何度もの地震が来ても効果を発揮し、倒壊を防ぎます。

?どうやって「地震エネルギー」を
吸収している?

ダンパーの可動部分が弾力的に伸縮することで、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収。約7~8℃の熱を放出しながら建物の「揺れにブレーキ」をかけることで、地震エネルギーを吸収しています。

魂を込めて、職人は家を創ります。

伊勢の職人は一邸一邸に上棟式を行います。 工事に関わった人が一同に顔を合わせ、工事の安全を祈願し、お互い協力して良い家をつくろうという意思確認をする場でもあるのです。家を建てること自体、大変な労力とお金がかかるものですが、家づくりは人間関係のご縁の賜物と私は考えています。様々な出会いがあり、一人一人の手作業を通してつくり上げられていく喜びを感じることができるからです。