高石市の魅力

高石市ってどんなところ?高石市の子育て環境は?戸建を建てるといいことあるのかな?
そんな疑問にお答えします!

その1
子育て環境が充実した環境づくり

高石市は、実はとても子育てに関するサポートが手厚い環境にあります。
子どもを生みやすい、育てやすい市からのサポートはもちろんのこと。子どもの成長過程に応じて楽しみながら、見守ることができる施設が充実しています。

.アプラたかいし内「子育てウェルカムステーション」
 「HUGOOD」

ボーネルンドと高石市がタッグを組んで、つくったあそび場がアプラたかいしにオープンしました。
地域の子育て拠点として機能する、子育て支援ルームなどもそなえた同施設
お母さん同士の交流や、地域の方との交流ををすることもできます。

HUGOOD(ハグッド)の名前の由来は、「育む」「ハグする」「GOOD」を掛け合わせできています。
アプラたかいし3階にあるHUGOODは親子の関係を育む3つのスペースで子どもの発育を考えた様々なおもちゃや絵本を体験することができます。
絵本の読み聞かせイベントや、子育て相談に関するイベントも充実していて。
子育て世代のお母さん、お父さんにはピッタリの施設です。

また、嬉しいことにお子様の一時預かりサポートも実施されていて。
ちょっと子供を預けて、アプラたかいしでお買い物♪なんて使い方もすることができます。

買い物の途中にちょっと一休みできるオープンスペースの休憩場所も併設されているので。
使いやすいこと間違いなしです。

その2
住宅に関する固定資産税を
軽減することができます。

高石市では、高石で生活される皆様にむけて、住宅に関するお得なサポートを実施しています。

高石市で働いている方へ

制作用件

※高石市の区域内の事業所に勤務
※市税の滞納がないこと

対象住宅

※平成28年1月2日以降に取得した新築軽減対象住宅

軽減内容

固定資産税(家屋分)の新築軽減額の1/2が
さらに軽減されます。

子育て世代の方へ

制作用件

※新築軽減住宅を取得時点で、
義務教育終了までの者を扶養していること
 ※市税の滞納がないこと

対象住宅

※平成27年1月2日以降に取得した新築軽減対象住宅

軽減内容

固定資産税(家屋分)の
新築軽減額の1/2がさらに軽減されます。

家族の絆再生

2、3世代同居等支援事業

制作用件

※2、3世代が高石市内に同居又は
近居しており継続する意志のある方
※2、3世代の中に必ず高齢者(65歳以上)世代を含んでいること  ※住民税及び固定資産税の滞納がないこと

対象住宅

※平成27年1月2日以降に取得した新築軽減対象住宅

軽減内容

固定資産税(家屋分)の新築軽減額の
1/2がさらに軽減されます。

その3
待機児童ゼロを目指しています。

高石市は周辺他市に先駆け、子育て世代を応援する環境と整えてきました。 働きながら子育てする世代に嬉しい環境を揃えています。

充実の子育て施設

決して大きくはない高石市ですが、市内に認定こども園が8箇所、保育所も2箇所と充実。
産休や産後も安心して仕事と育児を両立できる環境がそろっています。

学童保育が平日19時まで延長可能

市内7つの小学校の教室を利用したあおぞら児童会が、平日も、学校休業日も19時まで小学校6年生以下の児童をあずかってくれます。

中学校の完全給食

市内の全中学校で「お弁当」ではなく「給食」を実施しています。栄養バランスのとれた食事はとても大切ですよね。

訪問型、施設型、病児保育サービス

突然こどもが病気になったり、家庭で保育できない時でも自宅に訪問する。
訪問型と市立診療センターないの病児保育室でお子様を預かる施設型でサポートします。

遊び、育児が相談できる地域子育て支援センター

他の親子と交流しながら遊び、そして子育てに関するコンシェルジュサービスや育児講座などがうけることができます。

出産育児の不安を解消する「パパ、ママ学級」

はじめての妊娠は不安なもの、子育ての心配もつきものです。 総合保険センターでは、出産、育児に関する内容を楽しく学べる場を提供しています。